「iPhone 14」シリーズの衝突事故検出機能を実際に試してみた実験映像が登場

「iPhone 14」シリーズには衝突事故検出機能が搭載されており、自動車で重大な衝突事故を起こした際に「iPhone 14」が認識し、自動で救助を要請してくれるようになっていますが、様々な検証動画でお馴染みのYouTubeチャンネル「TechRax」が、実際に「iPhone 14 Pro」で衝突事故検出機能をテストした動画を公開しています。

動画ではリモコン操作が可能な車を停めてある車に無理矢理衝突させて、同機能が実際に動作するのかどうかをテストしており、何度か失敗はしているものの、実際に衝突した際は同機能が起動し、警告音と共に10秒のカウントダウンが開始されます。

カウントダウンを止めなければそのまま緊急通報サービスに通報される仕組みですが、動画ではカウントダウンを途中で止めてキャンセルしています。

動画では2回のテストが行われ、2回とも衝突を検出し、緊急通報に移行することが確認されています。

本機能は、最新の高重力加速度センサーが最大256Gの急加速や急減速を、ハイダイナミックレンジジャイロスコープが車の向きが突然変化したことを、気圧計がエアバッグが開いた時に生じる車内の気圧変化を、マイクが衝突で発生する極端に大きな音をそれぞれ検出し、前面衝突、後面衝突、側面衝突、横転の衝突実験を通じて開発した先進的なモーションアルゴリズムで事故を認識する仕組みとなっています。

[via Apple Insider

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

1 COMMENT

匿名

この機能は試さないで(危ないから)とアップルは言ってたらしいけど
まあやるよねw

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。