Microsoft、「Windows 11 2022 Update (バージョン 22H2)」を正式にリリース

本日、Microsoftが、「Windows 11」向けの新しい機能アップデート「Windows 11 2022 Update (バージョン 22H2)」を正式にリリースしました。

「Windows 11 2022 Update (バージョン 22H2)」には、スタート画面やエクスプローラー、通知機能、タスクバー、設定アプリ、ナレーター機能、アクセシビリティ、Microsoft Store、セキュリティ機能などの改善が含まれており、スタート画面はレイアウトのカスタマイズが可能になり、フォルダ作成が可能となりました。

また、エクスプローラーではタブ機能が導入される予定ですが、同機能は10月に配信される追加アップデートで追加される予定です。

なお、「Windows 11 2022 Update (バージョン 22H2)」へのアップデートはWindows Updateより可能で、「設定>更新とセキュリティ>Windows Update」で「更新プログラムのチェック」のボタンをクリックし、「Windows 11、バージョン 22H2の機能更新プログラム」が表示されると「ダウンロードしてインストール」をクリックすることでアップデートが開始されます。

Windows Updateに上記のような案内が表示されない場合は、まだ展開が開始されていない為、少し時間を置いてから再度確認することをお勧めします。

ニュースリリース(英語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。