「iOS 16」で利用可能になったキーボード入力時に振動させる機能、バッテリー消費に影響する場合あり

「iOS 16」以降はキーボードの入力時に振動させることが可能となりましたが、Appleが同機能を有効化すると「iPhone」のバッテリー駆動時間に影響が出る場合があることを案内しています。

キーボードの振動は「設定>サウンドと触覚>キーボードのフィードバック」で「触覚」を有効化することで利用可能になりますが、Appleは「iPhone のキーボード入力時の音や振動を変更する方法」のサポートドキュメントを公開し、同機能を有効化すると「iPhone 」のバッテリーの持続時間に影響する場合があると案内しています。

普通に考えて普段振動させないものを入力ごとに振動させる為、当たり前のことなんですが、同機能を有効化していてバッテリー駆動時間が気になる方はオフにしてみることをオススメします。

iPhone のキーボード入力時の音や振動を変更する方法 – Apple

[via 9To5Mac

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。