DJIの新型スマートフォンジンバル「DJI OM 6」と「DJI OM SE」の製品画像が流出

WinFutureによると、DJIが新型スマートフォンジンバル「DJI OM 6」と「DJI OM SE」をまもなく発売する予定であることが分かりました。

現行モデルの「DJI OM 5」ではアテネグレーとサンセットホワイトの2色が用意されていますが、「DJI OM 6」ではダークグレーの1色のみとなり、ヒンジの位置が若干変更されている他、本体のグリップ部分の左側面に新しい回転ホイールが搭載されており、これによりより正確なズームとフォーカスの設定が可能になる模様。

また、グリップの上部にマニュアルモードへの切り替えボタンやバッテリーインジケーターなどが移動しています。

搭載されるバッテリーの容量は「OM 5」と同じ1000mAhで、バッテリー駆動時間は約6.5時間となっており、重さは309gで「OM 5」の292gよりも17g重くなるようで、スマホの取り付けの為の「磁気スマートフォンクランプ」や延長ロッドが引き続き採用されています。

DJI OM SE

「DJI OM SE」はより安価なスマートフォンジンバルで、本体側面の回転ホイールがスライド式のズームレバーに変更されており、バッテリー容量は2600mAhで最大8時間の利用が可能となっています。

また、本体の重さは352gで、バッテリーが大容量である代わりに重たくなっています。

なお、価格は「DJI OM 6」が179ユーロ(約25,000円)、「DJI OM SE」が109ユーロ(約15,600円)になるようです。

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。