「iOS 16」の新機能である「iCloud共有写真ライブラリ」は導入が遅れることが確実に − 年内に提供予定

Appleが、「iOS 16」や「macOS Ventura」の新機能である「iCloud共有写真ライブラリ」機能の提供が遅れることを明らかにしました。

本日公開された「iPhone 14 Pro」のプレスリリースの注釈で『iCloud共有写真ライブラリは今後のソフトウェアアップデートで利用可能になります。』と案内されています。

また、「iOS 16」や「macOS Ventura」のプレビューページの同機能の説明にも『年内登場』との案内が追加されています。

なお、同機能は、設定して写真やビデオを選んで共有すれば家族や友人が使うiPhoneのライブラリに自動で同期可能な機能で、最大5人まで共有可能です。

10月にリリースされることが案内されている「macOS Ventura」のプレビューページでも『年内登場』と案内されていることから、11月頃にずれ込むものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。