「Apple Watch Pro」のデザインの全貌が明らかに − CADレンダリング画像が登場

Appleは9月8日の発表イベントで「Apple Watch Series 8」と共に「Apple Watch Pro」を発表すると噂されていますが、91mobilesが、その「Apple Watch Pro」のCADレンダリング画像を公開しています。

本日、「Apple Watch Pro」用とされるケースの写真が多数明らかになり、「Apple Watch Pro」のデザインがどのような感じになるかが少し分かりかけていましたが、公開されたCADレンダリング画像によると、「Apple Watch Pro」はより大きなディスプレイを搭載し、より狭いベゼルが特徴となっています。レンダリング画像から正確なケースサイズは分からないものの、これまでの情報では49㎜になると言われています。

また、本体右側面のデジタルクラウンやサイドボタンの部分が盛り上がっており、ケースからも明らかになっている通り、左側面にも新しいボタンが搭載されています。

さらに、本体の側面部分は従来のモデルのように丸みを帯びたデザインであるものの、エッジまでフラットになったディスプレイが採用されています。

このレンダリング画像を見る限りでは賛否両論になりそうなデザインですが、実物はもうちょっと良い感じになるのでしょうか。

「Apple Watch Pro」用とされる新たなケースの写真 − ディスプレイのフラット化は確定か 「Apple Watch Pro」用とみられるケースの画像が登場 − 何らかのデザイン変更が予想出来る形状に

2 COMMENTS

匿名

こんなギリギリになるまで情報掴めなかったならあと数日黙っとけって気がするけど

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。