Twitter、「Twitterサークル」を正式に提供開始 − 最大150人の選んだ相手にだけにツイートして会話出来る機能

本日、Twitterが、選んだ相手にだけツイートし、会話できる機能「Twitterサークル」を全てのユーザーに開放しました。

同機能は、最大150人までの限られたユーザーにツイートを送信したり、小さなグループで意見を共有したりするための機能で、今年5月から一部のユーザーでテストが実施されていました。

「Twitterサークル」のメンバーは作成者が選び、サークル内で共有されたツイートには、そこに追加されたユーザーだけが返信したり、反応を示したりすることが可能です。

なお、「Twitterサークル」はツイート作成画面もしくはサイドバーメニューから開始出来ますが、筆者の環境ではまだ利用出来ない為、順次展開と予想され、同じくまだ利用出来ない方は少し時間を置いてから試してみると良いかもしれません。

Twitterサークルについて – Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。