「iPhone 14 Pro」の超広角カメラは画素サイズがより大きくなる模様

(画像はiPhone 14 Proの予想画像)

Appleは日本時間9月8日に開催する発表イベントで「iPhone 14」シリーズを発表するとみられていますが、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 14 Pro」シリーズのカメラに関する情報を報告しています。

「iPhone 14 Pro」シリーズのリアカメラの超広角カメラは画素サイズが「iPhone 13 Pro」の1.0µmから1.4µmにアップグレードされるとのことで、画素サイズが大きくなると、より多くの光を受けられるようになり、よりダイナミックレンジが広く、ノイズも乗りにくくなります。

また、これにより、CIS(CMOSイメージセンサー)やVCM(ボイスコイルモーター)、CCM(コンパクトカメラモジュール)などの部品単価も大幅に上昇し、CISを供給するソニー、VCMを供給するMinebeaやLargan、CCMを供給するLG Innotekは超広角カメラのアップグレードで大きな恩恵を受ける模様。

なお、「iPhone 14 Pro」のリアカメラについては、広角カメラの画素数が4,800万画素になるとも言われています。(iPhone 13 Proの広角カメラは1,200万画素)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。