Apple、「セルフサービス修理プログラム」をMacにも拡大 − 今年後半には欧州などでも提供へ

本日、Appleが、米国で提供している「セルフサービス修理プログラム」をMacにも拡大することを発表しました。

「セルフサービス修理プログラム」は、純正部品やツールを専用ストアから購入することで壊れた「iPhone」をユーザー自身で修理出来るサービス。

これまでは「iPhone」のみが対象でしたが、現地時間の8月23日からM1チップを搭載した「MacBook Pro」と「MacBook Air」にも対象が拡大されます。

これにより、ディスプレイやバッテリー付きトップケース、トラックパッドなど、各モデルごとに十数種類の修理がユーザー自身で行えるようになり、今後も順次追加される予定とのこと。

さらに、同プログラムは今年後半に欧州を皮切りに他の国や他のMacにも拡大される予定です。

Apple expands Self Service Repair to Mac notebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。