Nothing、「Nothing Phone (1)」をインドで値上げ

Nothingのスマホ「Nothing Phone (1)」は先日19日に日本でも発売されましたが、GSM Arenaによると、同社がインドで「Nothing Phone (1)」の値上げを実施したことが分かりました。

「Nothing Phone (1)」はインドでは先月より販売が開始されていましたが、現地時間の8月18日に全モデルが1,000インドルピー(約1,700円)値上げされ、8GB/128GBモデルが33,999インドルピー(約58,000円)、8GB/256GBモデルが36,999インドルピー(約63,000円)、12GB/256GBモデルが39,999インドルピー(約69,000円)になりました。

なお、Nothing Indiaの副社長兼GMのManu Sharma氏は、値上げの理由に為替レートの変動と部品コストの上昇を挙げています。

現時点でインド以外での値上げは行われておらず、日本でも発売されたばかりなので、すぐに何か影響があるとかはないと予想されます。

Nothing、「Nothing Phone (1)」を本日発売 「Nothing Phone (1)」、ディスプレイの最大輝度が公式発表より500nits低く制限されている事が明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。