DJI、新型FPVドローン「DJI Avata」を8月25日に発表へ

DJIが、現地時間8月25日9時(日本時間8月25日22時)より新製品を発表することを案内しています。

海外サイトの情報によると、発表されるのは「DJI Avata」という新型ドローンで、プロペラガードを備え、FPV(ファースト・パーソン・ビュー)に対応したモデルになります。

現時点で分かっている仕様の一部が下記の通りで、「DJI Avata」単体の価格は629ドル(約85,000円)になり、新型ゴーグルの「DJI Goggles 2」が同梱された「Pro-View Combo」は1,388ドル(約19万円)、「DJI FPV Goggles v2」が同梱された「Fly Smart Combo」が1,168ドル(約16万円)になる模様。

製品名DJI Avata
センサーサイズ
画素数
焦点距離
絞り
ISO
FOV
1/1.7″ CMOS
4,800万画素
12.6㎜ (35mm換算)
f/2.8
100-25600
155°
動画コーデックH.264/H.265
動画解像度
(DJI Goggles 2)
4K 50fps/60fps
2.7K 50fps/60fps/100fps
1080p 50fps/60fps/100fps
動画解像度
(DJI FPV Goggles V2)
4K 50fps/60fps
2.7K 50fps/60fps/100fps/120fps
1080p 50fps/60fps/100fps/120fps
飛行速度97km(Mモード)
50km(Sモード)
29km(Nモード)
ストレージ20GB 内蔵
(最大256GB microSD)
飛行時間最大18分
バッテリー容量2420mAh
重さ410g
寸法180x80x180 mm

ただ、いつも新製品の予告は日本の公式サイトのトップページでも行われるものの、今回は行われていないことに加え、Twitterでの告知も日本では行われていないので、日本では発売されないのではないかとみられています。

[via WCCFTech, WinFuture

1 COMMENT

匿名

天下の悪法である航空法の規制に合わせるコストと、ただでさえ小さい市場が年々小さくなる日本市場で獲得出来る利益とを天秤にかけた結果、DJIは日本で販売しないという判断をするに至りました。
昨年の法改正以降、ドローン業界で良いニュースは全くありませんが、ついに最大手の新機種の販売すらされなくなるとは、航空法を改正した連中の思い通りの展開だと思います。

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。