「iOS 16 beta 6」、低電力モード時はバッテリー残量のパーセンテージ表示をオフにすることが可能に

本日、「iOS 16 beta 6」がリリースされたものの、バグの修正がメインで大きな変更点は報告されていないのですが、MacRumorsによると、「iOS 16 beta 6」では「iOS 16 beta 5」で導入されたステータスバーのバッテリーアイコン内にバッテリー残量をパーセンテージで表示する機能に小さな変更が加えられていることが分かりました。

バッテリー残量のパーセンテージ表示は、「iOS 16 beta 5」では低電力モードにした際は自動的に有効化され、オフにすることが出来なかったのですが、「iOS 16 beta 6」では低電力モード時でもオフにすることが可能になりました。
(下記画像参照)

(iOS 16 beta 5)

(iOS 16 beta 6)

恐らく、低電力モード時に勝手に有効化される動作は「iOS 16 beta 5」でのバグだったものと思われます。

なお、この新しいバッテリー残量のパーセント表示が利用可能なモデルは下記の通りで、「iPhone 13 mini」「iPhone 12 mini」「iPhone 11」「iPhone XR」の4モデルは対象外となっています。

・iPhone 13 Pro Max
・iPhone 13 Pro
・iPhone 13
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone 11 Pro
・iPhone XS Max
・iPhone XS
・iPhone X

「iOS 16」のバッテリー残量の新しいパーセント表示、「beta 6」でも一部モデルでは利用不可 「iOS 16」のバッテリー残量の新しいパーセント表示、「iPhone 13 mini」などの一部モデルでは利用出来ないかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。