Google、Google TV搭載デバイスにフィットネストラッカーとの連携やワイヤレスオーディオ機能を追加する予定

Protocolによると、Googleが「Google TV」にフィットネストラッカーのサポートやワイヤレスオーディオ機能を追加する予定であることが分かりました。

これはGoogleが先月に開催した非公開のパートナー向けイベントで明らかにしたもので、まずフィットネス関連の連携により、FitbitやWear OSの心拍数や消費カロリーなどのリアルタイムデータをテレビ画面で確認しながらインタラクティブなビデオトレーニングが出来るようになる予定で、同機能は早ければ2023年に提供が開始される予定。

2024年にかけては、スマートホームデバイスとの連携強化にも取り組む予定で、映画鑑賞を中断することなく、テレビでスマートホームのコントロールやセキュリティカメラにもっと簡単にアクセスする方法を導入することも計画しているそうです。

また、NestスピーカーをAndroid TVおよびGoogle TV搭載デバイス用のワイヤレススピーカーにすることに取り組んでおり、この機能はサードパーティ製のオーディオハードウェアにも拡大したい意向。

他にも自社のワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」にFast Pair機能を搭載し、ワイヤレスイヤホンをテレビと素早くペアリングできるようにすることにも積極的に取り組んでおり、これらのオーディオ機能は今年末か来年初めに利用可能になる可能性があるとのこと。

なお、Googleはこれらの機能の実現の為に、Android 13ベースのAndroid TV/Google TV搭載デバイスでBluetooth 5.0をサポートするようデバイスメーカーに要求しており、さらにアプリやシステムアップデートのためのストレージ容量を確保するために16GBのストレージを搭載して出荷するように要望しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。