Apple、「iPadOS 16」を「iOS 16」よりも1ヶ月遅らせてリリースか

Bloombergが、関係者の話として、Appleは「iPadOS 16」を「iOS 16」と同時にリリースせず、約1ヶ月遅らせてリリースする可能性があると報じています。

これまで「iOS」と「iPadOS」のメジャーアップデートは同時にリリースされてきましたが、今年は「iOS 16」は9月にリリースされるものの、「iPadOS 16」は10月までリリースしない計画とのこと。

「iPadOS 16」のリリースが遅れる理由は、少なくともマルチタスク機能のオーバーホールが影響しているようで、「iPadOS 16」ではユーザーが複数のタスクと同時に操作したり、ウインドウのサイズを変更したりできる「Stage Manager」が搭載されます。

また、AppleはM2チップを搭載した「iPad Pro」とUSB-Cポートを採用した「iPad」の発売を計画しており、「iPadOS 16」のリリースはこれら新製品の発売日と近い時期にリリースされることになる模様。

なお、「macOS Ventura」も10月のリリースとなるようで、「watchOS 9」は「iOS 16」と共に9月にリリースされるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。