「Studio Display」でオーディオ関連の問題が報告される − Apple側も認識済みで一時的な回避策を提案

MacRumorsによると、Appleの「Studio Display」を使用する一部のユーザーからオーディオに関する不具合が複数報告されていることが分かりました。

これは同サイトが入手したAppleの正規サービスプロバイダ向けのメモから明らかになったもので、報告されている問題は、音声が突然途切れたり、音質が歪んだり、音声が高速で再生されるといった内容で、Apple側も問題を認識しているようです。

下記のツイートは実際に音声が突然途切れる様子を撮影した動画となっています。

Appleは一時的な回避策として、「Studio Display」の電源を抜き、ディスプレイに接続されているアクセサリやデバイスも抜いて、10秒待ってから電源に再接続することを提案しています。

なお、電源のオン・オフで修正されることから、ハードウェアの問題ではなく、ソフトウェアの問題とみられており、将来的にソフトウェアアップデートで修正される可能性がありますが、その時期は不明です。

Apple公式サイト
Studio Display – Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。