「iPhone 14/14 Max」はA15チップ搭載も「iPhone 13」よりパフォーマンスが全体的に向上している模様

(画像はiPhone 13)

Appleが今秋に発売する予定の「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」は「iPhone 13」シリーズと同じA15チップを搭載すると言われていますが、「iPhone 13」シリーズよりも全体的にパフォーマンスが向上しているようです。

これは著名リーカーのShrimpApplePro氏が報告しているもので、「iPhone 14/14 Max」は古いハードウェアを採用しているにも関わらず、「iPhone 13」シリーズよりも全体的にパフォーマンスが向上しているとのこと。

その理由としては、新しいセルラーモデムや新しい内部設計を採用していることなどを挙げています。

同氏は触れていませんが、「iPhone 14/14 Max」は「iPhone 13」シリーズと同じA15チップが搭載されるものの、RAMの容量が4GBから6GBに増量されると言われており、そこも僅かながらにパフォーマンス向上に繋がっているものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。