「iOS 16 beta 4」の新機能・変更点のまとめ

本日、Appleが開発者に対し「iOS 16 beta 4」をリリースしましたが、9To5MacMacRumorsが、その「iOS 16 beta 4」での変更点をまとめています。

現時点で分かっている「iOS 16 beta 4」の変更点は下記の通り。

iMessage

メッセージの編集機能と送信取り消し時間に関する変更が行われており、メッセージの編集可能回数が無制限から5回までに変更されました。
また、メッセージの送信取り消し機能の猶予時間が、これまでの15分から2分に短縮されています。

ライブアクティビティのテスト開始

リアルタイムの出来事をロック画面上で把握出来るようになる「ライブアクティビティ」機能を開発者がテスト出来るようになりました。
同機能は「iOS 16」の正式リリースには間に合わず、今年後半の「iOS 16」向けのアップデートで正式に導入される予定で、開発者は同機能を実装したアプリをTestFlight経由でテストすることが可能です。

「ホーム」アプリ

「ホーム」アプリに2種類の新しい壁紙が追加されました。

「メール」アプリ

メールの送信取り消し機能の猶予時間が、これまでの10秒に加え、20秒、30秒の設定が新たに追加されました。

通知

「設定>通知」の表示形式の欄で、件数、スタック、リストの各オプションを視覚化した画像を掲載するように。

ロック画面のカスタマイズ機能

ロック画面のカスタマイズ機能のインターフェイスが改良され、ウィジェットを追加可能な場所が明確になった他、各ウィジェットにアプリのアイコンが小さく表示されるようになりました。

ロック画面のミュージックプレーヤー

ミュージックプレーヤーのインターフェイスが微調整され、フォントがより太くなった。

ヘルスケア

「設定>一般>iPhoneストレージ」で、データタイプやデータソースなどより詳しい情報が閲覧可能に。

「ミュージック」アプリ

音楽の音量を変更した際に、音量バーが大きく表示されるように

CarPlay

「iOS 16」で追加された新しい壁紙がCarPlayでも利用可能になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。