「Google マップ」に3つの新機能が追加 − ランドマークの没入型ビューや新しいサイクリングルート情報など

本日、Googleが、地図サービス「Google マップ」のモバイルアプリにおいて、3つの新機能を提供することを発表しました。

その3つの新機能の詳細は下記の通り。

ランドマークのImmersive View(没入型ビュー)

1つ目は、今年の「Google I/O」で発表されていたランドマークのImmersive View(没入型ビュー)で、東京、バルセロナ、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコなど、世界で最も人気のある約100のランドマークのリアルな航空写真を閲覧出来るといったもの。

AIと何十億枚もの高精細なストリートビュー、衛星写真、航空写真を組み合わせて作成されており、東京ではスカイツリーが対象となっていて、閲覧したいランドマークを検索し、「写真」セクションで閲覧可能です。

新しいサイクリングルート情報

2つ目は新しいサイクリングルートで、Googleマップでは、AIと都市からのデータ、信頼出来る地図パートナー、Googleマップのコミュニティからのフィードバックを組み合わせ、12年以上に渡ってサイクリングガイドを提供してきましたが、新しいサイクリングルート情報では、サイクリングルートを簡単に比較したり、より詳細な情報を確認したりすることが可能となっています。

また、ルート上の標高を確認出来るだけでなく、車の往来の激しい場所や階段、急な坂道の有無なども分かるようになっており、ルートの詳細も確認出来る為、どのような道路を走るのかも一目瞭然とのこと。

現在地の共有の通知機能

3つ目は現在地の共有を通知する機能で、これまでの現在地の共有機能では共有しているユーザーがどこにいるかを地図上で確認する必要がありましたが、通知機能を利用することで、目的地を設定し、その目的地の範囲内に到着した際に共有相手に通知を送信することが可能になります。

これにより、例えば一人で登山に出かける場合に、登山口の駐車場に戻ったことを家族などに自動で通知することも可能で、無事に戻ったことを知ってもらうことが出来ます。

この機能はプライバシーを第一に考えて作られており、通知を設定出来るのは既に現在地を共有することを選択しているユーザーのみで、現在地の共有や通知が有効になっている場合などに、定期的にお知らせしてくれるリマインダー機能もあり、有効化されていることが分かるようになっています。

提供開始時期

これらの機能のうち、ランドマークの空撮写真と現在地の共有の通知機能については、既にiOSとAndroid向けアプリで世界的に展開が開始されており、新しいサイクリングルート情報はサイクリングガイドが提供されている数百の都市で今後数週間のうちに提供が開始される予定とのこと。

Google マップ -  乗換案内 & グルメ

Google マップ – 乗換案内 & グルメ

Google LLC無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。