「Google Pixel 6a」の分解動画

先日、Googleが「Pixel 6a」の予約受付を開始し、7月28日に発売予定ですが、PBKreviewsが、その「Pixel 6a」の分解動画を公開しています。

「Pixel 6a」は接着剤で接着されているディスプレイに熱をかけて取り外すことで開封可能で、大きく分けるとディスプレイ、ミッドフレーム、ロジックボード、リアパネルの構成となっています。

また、バッテリーには放熱用のグラファイトシートが貼り付けられていますが、これを外すことでバッテリーの取り外しも容易に行えるようになっており(Pixel 6/6Proよりも取り外しやすいとの評価)、バッテリー容量は発表通りの4306mAh(16.58Wh)。

さらに、RAMはSK hynix製となっており、リアパネルはフレキシブルなプラスチック製であることも分かりました。

[via 9To5Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。