Twitterの日間アクティブユーザー数は2億3,780万人に

Twitterが、2022年第2四半期(4〜6月)の業績を発表し、同四半期の1日当たりの平均アクティブユーザー数(mDAU)は2億3,780万人だったことが分かりました。

mDAUは“ツイッター広告に接する”1日当たりの平均アクティブユーザー数で、2022年4〜6月期は前年同期比16.6%増の2億3,780万人となり、前年同四半期比では3,380万人増、前四半期比では880万人増でした。

また、内訳は米国のmDAUが4,150万人(前年同期比14.7%増)、米国外のmDAUが1億9,630万人(同17%増)ととなっています。

【1日当たりの平均アクティブユーザー数の推移】
・2017年10〜12月:1億1,500万人
・2018年1〜3月:1億2,000万人
・2018年4〜6月:1億2,200万人
・2018年7〜9月:1億2,400万人
・2018年10〜12月:1億2,600万人
・2019年1〜3月:1億3,400万人
・2019年4〜6月:1億3,900万人
・2019年7〜9月:1億4,500万人
・2019年10~12月:1億5,200万人
・2020年1〜3月:1億6,600万人
・2020年4〜6月:1億8,600万人
・2020年7〜9月:1億8,700万人
・2020年10〜12月:1億9,090万人
・2021年1〜3月:1億9,760万人
・2021年4〜6月:2億400万人
・2021年7〜9月:2億903万人
・2021年10〜12月:2億1,700万人
・2022年1〜3月:2億2,900万人
・2022年4〜6月:2億3,780万人

同四半期の業績については、売上高は前年同期比1%減の11億7,666万ドルで、純損失は2億7,000万ドルとなっており、売上高の減少の理由は、広告業界への逆風に加え、テスラCEOのイーロン・マスク氏による買収保留の不確実性を反映した為と案内されています。

なお、マスク氏は先日に買収を撤回すると発表していましたが、同社はマスク氏を提訴しており、裁判は10月よりスタートする予定です。

Twitter(PDF)

イーロン・マスク氏、Twitterの買収を撤回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。