任天堂、「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ」と「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ」の使用中止を案内 − セキュリティ保護が理由

本日、任天堂が、2005年および2008年に発売したネットワーク機器「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ(NTR-010)」と「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ(WAP-001)」について、セキュリティ保護の観点で使用を中止するよう発表しました。

これらの製品は発売から10年以上が経過しており、継続して使用すると下記のような懸念点があることが確認されているとのこと。

<ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ (NTR-010)>
【懸念点】
暗号化方式にWEPを採用しておりますが、同暗号方式は第三者により短時間で暗号が解読される可能性があります。

【影響】
第三者による通信データの改ざんや漏洩、ネットワークの乗っ取りや不正アクセスが行われるおそれがあります。

<ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ (WAP-001)>
【懸念点①】
バッファオーバーフローやコマンドインジェクションを用いて、第三者が設定やファームウェアの書き換えを行うことが可能な脆弱性が見つかっている

【影響①】
第三者により機器を経由した不正アクセスやマルウェアの感染源として使用されるおそれがあります。

【懸念点②】
メインSSIDではセキュリティ無しに設定されています。また、サブSSIDはWEPに固定されておりますが、同暗号方式は第三者により短時間で暗号が解読される可能性があります。

【影響②】
第三者による通信データの改ざんや漏洩、ネットワークの乗っ取りや不正アクセスが行われるおそれがあります。

これらの機器を使用し続けた場合、外部から不正にアクセスされたり、もしくは接続している端末がコンピューターウイルスなどに感染したりするなどの危険性があるとのことで、現在も使用しているユーザーは、セキュリティ保護のため、すみやかに使用を中止し、市販のネットワーク機器などへの切り替えを推奨しています。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。