「Windows 12」は2024年にリリースか

Windows CentralのZac Bowden氏が、情報筋の話として、Microsoftは「Windows」のメジャーバージョンを3年ごとにリリースする意向で、「Windows 12」(仮称) は2024年に予定されていることが分かったと報告しています。

「Windows 11」が2021年に正式リリースされた為、3年後の2024年に次期「Windows」こと「Windows 12」がリリースされることになります。

「Windows 12」の詳細はまだ不明で、現在は初期計画段階とのことで、社内では「Next Valley」と呼ばれているようですが、これが最終的なコードネームになるのかも不明。

また、これにより2023年に予定されていた「Windows 11」向けの大型アップデート「Sun Valley 3」は廃止されるものの、この新しい開発スケジュールへの移行に伴い、ユーザーに展開する新機能の量を増やすことも計画しているそうです。

同社は「Windows 11 バージョン 22H2(Sun Valley 2)」から新しい取り組み「Moments(モーメント)」を開始する予定で、これはOSのメジャーリリースとは別に、年間を通じて重要なポイントで新機能や体験を展開することを目的としており、2023年からは数ヶ月に1度、最大で年に4回、新機能を提供する予定とのこと。

当初、「Sun Valley 3」でリリース予定だった新機能の多くは、2023年秋のメジャーアップデートとしてではなく、「Sun Valley 2」向けにモーメントの一部として提供されるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。