ニコン、一眼レフの開発から撤退報道にコメントを発表 − 「憶測によるもので、当社が発表したものではない」

本日、日本経済新聞が、ニコンが一眼レフカメラの開発から撤退したことが分かったと報じましたが、その後、ニコンが報道に関するコメントを発表しています。

日本経済新聞によると、同社は1959年から60年以上にわたって一眼レフを手掛けプロの支持を集めてきたものの、2020年6月に発売したプロ向けの旗艦機種「D6」以来は一眼レフの新製品を発売しておらず、人工知能(AI)や画像処理技術を導入し市場で主流になりつつあるミラーレスカメラの開発に集中するとのこと。

また、コンパクトデジタルカメラの開発も終了し、今後はミラーレス機に一本化するようですが、既存モデルの生産や販売については当面は継続される模様。

この報道に対し、ニコンは下記のコメントを発表しています。

本日、一部報道機関より、当社が一眼レフカメラ開発から撤退という報道がなされましたが、憶測によるもので、当社が発表したものではありません。
デジタル一眼レフカメラの生産、販売、サポートは継続しており、ご愛用のお客様には引き続きご安心してご利用頂ければと思います。

実際のところどちらが本当かどうかは分からないものの、こういった日経の報道に対するコメント発表の数日以内に正式発表が行われることが多い為、今後数日中に何か動きがあるかもしれません。

本日の一部報道について – ニコン

1 COMMENT

匿名

報道は事実ではないと言っていないこと、
現在のサポートは認めても将来的な製品開発計画について言及していないことから
このニコンのコメントは実質的な日経スクープの肯定でしょうね。
おそらく、あまり時間をあけずに開発終了を正式発表すると思っています

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。