故スティーブ・ジョブズ氏、「大統領自由勲章」を受賞

先日にお伝えした通り、現地時間7月7日にアメリカのバイデン大統領が、故スティーブ・ジョブズ氏に大統領自由勲章を授与しました。

授与式は現地時間7月7日にホワイトハウスで行われ、大統領自由勲章は、米国の繁栄、価値観、安全保障、世界平和、その他の重要な社会的、公的、私的努力に模範的な貢献をした個人に贈られる、米国の民間人向けとしては最高位の勲章となっています。

今回はジョブズ氏の他に、俳優のデンゼル・ワシントン氏や連邦下院議員・連邦上院議員を務めた故ジョン・マケイン氏らも受賞しています。

なお、ジョブズ氏の受賞理由については、「同氏のビジョン、想像力、創造性は、世界のコミュニケーション方法を変え、コンピュータ、音楽、映画、無線業界を変革する発明を生み出した」と案内されており、今回の受賞について、Appleのティム・クックCEOも「彼は世界をあるがままの姿ではなく、あり得る姿で見るよう私たちに求めた先見の明のある人物でした。我々は彼の思い出を大切にし、今後も彼の遺志を引き継いでいきます」とコメントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。