「iPhone 14」発表イベントの開催日は現地時間9月13日か

Appleは今年も秋に次期「iPhone 」こと「iPhone 14」シリーズを発売するものとみられていますが、9To5Macが、「iPhone 14」シリーズの発表および発売日を予測しています。

Appleは例年9月に新型「iPhone」を発表・発売しており、ここ数年の各モデルの発売日は下記の通り。

過去7年間のiPhone発表日・発売日(全て現地時間)

 発表日発売日
2021年(iPhone 13)9日14日9月24日
2020年(iPhone 12)10月13日10月23日
11月13日
2019年(iPhone 11)9月10日9月20日
2018年(iPhone XS)9月12日9月21日
2017年(iPhone X)9月12日11月3日
2016年(iPhone 7)9月7日9月16日
2015年(iPhone 6s)9月9日9月25日

ここ数年では2つの例外があり、2020年の「iPhone 12」は新型コロナウィルスのパンデミックの影響で発売が1ヶ月遅れ、2017年の「iPhone X」は9月に発表されたものの、11月発売となっており、これはデザインが刷新され、Face IDが初めて搭載されたことから開発がずれ込んだ為とみられています。

今年の「iPhone 14」も9月に発表・発売される可能性が高いとみられており、まず、発表日については、例年通りであれば9月の第1または第2火曜日に開催されることから、今年は9月6日(火)か9月13日(火)が候補日となります。ただ、9月6日は前日の9月5日が米国では祝日「レイバー・デー」の為、9月13日の可能性が最も高いと予測されています。

次に発売日については、9To5Macは発売日までは予想していないものの、通例であれば発表日の翌週の金曜日に発売されていることから、9月13日発表であれば、9月23日(金)の発売になる可能性が高そうです。

ただ、新型コロナウィルスによる中国のロックダウンや半導体不足などの影響で、生産に支障が出て、遅れる可能性もありそうですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。