AppleのM2チップのベンチマークデータが明らかに − CPU性能はM1チップより最大約21%向上

Appleは明日午後9時からM2チップを搭載した新型「MacBook Pro 13インチ」の注文受付を開始しますが、それを前にM2チップのGeekBench 5のベンチマークデータが明らかになりました。

明らかになったのはM2チップを搭載したMacのGeekBench 5のベンチマークデータで、これが新型「MacBook Pro 13インチ」のものなのか、新型「MacBook Air」のものかは確認出来ないものの、16GBのRAMを搭載し、M2チップの動作周波数は3.49GHzとなっており、動作周波数が3.20GHzだったM1チップよりも約0.3GHz向上しています。

GeekBench 5のベンチマークは主にCPU性能を測定するもので、M2チップのベンチマークスコアは、シングルコアが1919、マルチコアが8928となっており、M1チップ搭載「MacBook Pro 13インチ」のスコアはシングルコアが1707、マルチコアが7395だった為、シングルコアで約12%、マルチコアで約21%のパフォーマンス向上となっています。

なお、M1/M2チップシリーズのGeekBench 5のスコアをまとめると下記の通りで、動作周波数の関係でシングルコアのスコアはM2チップがM1の各モデルを上回る結果となっていますが、マルチコア性能はまだまだM1 Proなどが上となっています。

 シングルコアマルチコア
M2
8コアCPU/16GB RAM
19198928
M1 Ultra
20コアCPU/128GB RAM
179324055
M1 Max
10コアCPU/64GB RAM
178012721
M1 Pro
10コアCPU/32GB RAM
177012596
M1 Pro
8コアCPU/16GB RAM
17679948
M1
8コアCPU/8GB RAM
17057382

GPUのベンチマーク結果も


さらに、3Dグラフィックのベンチマークテストである「GFXBench」のベンチマークスコアも公開され、M1チップに比べ、最大45.6%向上していることが明らかになりました。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。