Apple、開発者向けに「AirPods」シリーズ向けのベータ版ファームウェアを提供開始

MacRumorsによると、Appleが開発者に対して「AirPods」シリーズの新しいファームウェアのベータ版の提供を開始したことが分かりました。

対象となっているのは、「AirPods (第2世代)」「AirPods (第3世代)」「AirPods Pro」「AirPods Max」で、新しいファームウェア(ベータ版)のバージョン番号は”5.0″、ビルド番号は”5A5282d”となるようです。

このベータ版では、自動切り替え機能の改善と様々なバグおよび安定性の修正が含まれているとのこと。

これらベータ版にはAppleの開発者向けサイトのダウンロードページにある「More Downloads」ページからアクセス可能で、インストール手順なども案内されています。

なお、ベータ版のファームウェアをインストールするには、「iOS 16 beta」が動作するiPhoneや「macOS Ventura beta」が動作するMac、Xcode 14 betaおよび対応するAirPodsが必要で、設定後24時間以内にアップデートが行われるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。