Apple、2022年の「Apple Design Awards」の受賞者を発表

本日、Appleが、2022年の「Apple Design Awards」の受賞者を発表しました。

「Apple Design Awards」はそれぞれの領域で最も優れたアプリケーションとゲームを表彰するもので、昨年に引き続き、「インクルージョン」「喜びと楽しさ」「インタラクション」「ソーシャルインパクト」「ビジュアルとグラフィック」「イノベーション」の6つのカテゴリーでアプリとゲームが1つずつ選出されています。

各カテゴリの受賞アプリは下記の通り。

インクルージョン

このカテゴリーの受賞作品は、多様な背景、能力、言語の人々を支援することによって、すべての人に素晴らしい体験を提供しています。

・アプリ:Procreate
・ゲーム:Wylde Flowers

喜びと楽しさ

このカテゴリーの受賞作品は、Appleのテクノロジーによって拡張された、印象に残り魅力的で満足感を与える体験を提供しています。

・アプリ:(Not Boring) Habits
・ゲーム:Overboard!

インタラクション

このカテゴリーの受賞作品はプラットフォームに合わせて完璧に調整された直感的なインターフェイスと簡単な操作を提供しています。

・アプリ:Slopes:スキー&スノーボード
・ゲーム:A Musical Story

ソーシャルインパクト

このカテゴリーの受賞作品は意義深い方法で生活を向上させ、重要な問題に光を当てています。

・アプリ:Rebel Girls
・ゲーム:ギボン:ジャングルを超えて

ビジュアルとグラフィック

このカテゴリーの受賞作品は独創的で統一感のあるテーマを支える美しいイメージ、巧妙に描かれたインターフェイス、高品質なアニメーションを特長としています。

・アプリ:Halide Mark II – プロ仕様カメラ
・ゲーム:LEGO Star Wars: Castaways

イノベーション

このカテゴリーの受賞作品は、最先端の体験を提供するためにAppleのテクノロジーを斬新な方法で活用し、このジャンルで他を引き離しています。

・アプリ:Odio
・ゲーム:MARVEL フューチャーレボリューション

なお、Apple Design Awardsの受賞者とファイナリストについての詳細は下記リンク先をご覧下さい。

2022年のファイナリストの紹介 – Apple Design Awards

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。