「WWDC22」で発表が噂される新型「MacBook Air」に関する最新情報のまとめ

(画像は現行のMacBook Air)

まもなく開幕する「WWDC22」では新型「MacBook Air」が発表されると噂されていますが、BloombergのMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版において、その新型「MacBook Air」に関する情報をまとめています。

同氏の情報を箇条書きでまとめると下記の通り。

・「MacBook Pro 14/16インチ」とは似て非なる新しいデザイン
・ダークブルー、スペースグレイ、シルバー、シャンパンゴールドのようなゴールドの4色展開に
・13インチディスプレイ
・USB-Cポート×2
・MagSafe採用
・Touch ID搭載

また、ディスプレイ上部には「MacBook Pro 14/16インチ」のようなノッチを採用している可能性もあるとのこと。

なお、新型「MacBook Air」のカラーラインナップについては、著名アナリストのMing-Chi Kuo氏もMark Gurman氏の情報に同意しており、4色展開になる可能性が高いと報告しています。

さらに、新型「MacBook Air」の2022年下期の出荷台数も予想しており、Quantaの上海工場の生産能力が2022年第3四半期(7〜9月)までにロックダウン前のレベルに戻れば600〜700万台になる見込みで、同製品はQuantaだけでなく、Foxconnも生産することから「MacBook Pro 14/16インチ」よりも供給は安定するとみられています。

[via 9To5Mac

新型「MacBook Air」のカラーラインナップはブルーが追加されて4色に??

2 COMMENTS

匿名

毎回騙される人がいるので一言
WWDCで新製品発表って記事がでるけど
WWDCってハードウェアの発表の場ではないですよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。