「iPadOS 16」ではマルチタスクUIが刷新され、アプリのウインドウサイズも変更可能に??

(過去に公開されたiPadのウインドウ表示のUIとされる画像)

BloombergのMark Gurman氏が、詳しい関係者の話として、Appleは「iPad」をよりラップトップに近いものにするための取り組みの一環として、「WWDC22」で「iPadOS 16」の大規模な変更を発表するようだと報告しています。

「iPadOS 16」では、どのアプリが開いているかを確認し、タスクを切り替えることが容易になるように、マルチタスクインターフェイスが刷新される予定で、アプリのウインドウサイズを変更したり、複数のアプリを同時に処理するための新しい方法が提供される予定とのこと。

また、「iOS 16」については、ウィジェットを特徴とする新しいロック画面や「ヘルス」アプリの刷新、「メッセージ」への新しいオーディオとSNS機能の追加などが特徴となる予定で、「macOS 13」ではアプリのデザインが刷新され、「システム環境設定」の刷新が予定されているそうです。

さらに、今秋には「iPhone 14」シリーズに加え、次期「iPad Pro」や3つの新しい「Apple Watch」、M2チップを搭載した複数の新型Macが投入される予定とも報告しています。

Apple、「iPad」にキーボードやトラックパッドを接続するとアプリがウインドウ表示になる機能を開発中??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。