「WWDC22」で発表されるハードウェアは新型「MacBook Air」か − AR/VRヘッドセットの発表はなさそうと著名記者が予測

BloombergのMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版において、Appleが現地時間6月6日より開催する「WWDC22」で発表するハードウェアに関する予測を報告しています。

昨日、予てから開発が噂されてきたAR/VRヘッドセットのOSである「realityOS」の商標登録をAppleが行っていた疑惑が浮上しましたが、Mark Gurman氏は「WWDC22」でAR/VRヘッドセットが発表される可能性は低いとみているようです。

同氏は、少なくともM1 Proと同レベルのチップによる過熱問題に加え、カメラやソフトウェアの課題など、多くの開発上の問題を受け、AR/VRヘッドセットの発売は2023年まで延期される可能性が高いとのこと。

また、Appleが「WWDC22」で新しいハードウェアを発表する場合、Mac関連である可能性が高いとのことで、Appleは今年の「WWDC」でM2チップを搭載した新型「MacBook Air」を発表することを目標としてきたものの、最近の中国のロックダウンによるサプライチェーンの問題によりスケジュールが複雑になっているそうです。

ただ、アプリのログによると、Appleの社員が新型「MacBook Air」をテストで使用している頻度が増えているようで、新型の発売が近いことを示しているそうです。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。