「A16 Bionic」チップは引き続き5nmプロセスで製造か − 「M2」チップは3nmプロセス採用との情報も

著名リーカーのShrimpApplePro氏が、かなり信頼出来る情報筋からの情報として、Appleの「A16 Bionic」チップなどに関する最新情報を報告しています。

その情報によると、「A16 Bionic」チップは引き続き台湾TSMCの5nmプロセスを使用して製造される予定で、CPUとGPUの性能が向上する他、RAMにLPDDR5が採用されるとのこと。

参考までに、現行の「A15 Bionic」チップは、5nmプロセスで製造されており、RAMはLPDDR4を採用しています。

また他にも、Mac向けの次期チップである「M2」チップはTSMCの3nmプロセスで製造され、「M1」シリーズに最後に追加される新チップにはアップデートされた「Avalanche」と「Blizzard」のコアが搭載されるとも報告しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。