「WWDC22」の公式画像をもとに作成されたiPhone用壁紙が登場

本日、Appleが「WWDC22」のプログラムを公開しましたが、そのプレスリリース「WWDC22」の公式サイトに掲載されているマーケティング画像をもとに作成されたiPhone用の壁紙が公開されました。

壁紙を公開したのは同様の壁紙ではお馴染みの@AR72014氏で、「WWDC22」のマーケティング画像をもとにiPhone用の壁紙を作成し、公開しています。

壁紙は「WWDC22」のロゴが入ったものと入っていないものの2パターンがある他、iPhone X以降に最適化されたものと、古いiPhoneにも対応したものの計4種類が公開されています。

なお、ダウンロードはGoogle Driveより可能です。

[via 9To5Mac

Apple、「WWDC22」の基調講演を現地時間6月6日午前10時より開催へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。