「Google Pixel Watch」のコプロセッサは「ARM M33」 − 触感フィードバックも搭載か

1つ前の記事でGoogleの「Pixel Watch」は4年前に発表された少し古いチップ「Exynos 9110」に加え、同チップを補完する為のコプロセッサが搭載されるようだとお伝えしましたが、その後、XDA-DevelopersのMax Weinbach氏が、そのコプロセッサは「ARM M33(Cortex-M33)」になると報告しています。

また、リニア・バイブレータを使用したリニアハプティクス技術も搭載されているとのことで、Apple WatchのTaptic Engineような触感フィードバックが利用可能である可能性があります。

なお、同氏はこれ以上の詳細には触れていない為、コプロセッサの使用用途などは不明です。

「Google Pixel Watch」は「Exynos 9110」を補完するコプロセッサを搭載 − ストレージ容量は32GB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。