Microsoft、「Windows 10 バージョン 20H2」のサービスを終了

Microsoftが、現地時間5月10日(日本時間5月11日)をもって「Windows 10 バージョン 20H2」のサービスを終了しました。

「Windows 10 バージョン 20H2(October 2020 Update)」は2020年10月にリリースされたバージョンで、「Windows 10」の各バージョンのサポート期間はリリース後18カ月となっており、本日をもってサービス終了となるのは下記のバージョン。

・Windows 10 Home バージョン 20H2
・Windows 10 Pro バージョン 20H2
・Windows 10 Pro Education バージョン 20H2
・Windows 10 Pro for Workstations バージョン 20H2

サービス終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されなくなる為、引き続きサポートを受けるためには「バージョン 21H2」など後継バージョンへのアップデートが必要です。

また、下記の企業向けエディションも本日をもってサービス終了となり、「Windows 10 バージョン 20H2 (Enterprise、Education、および IoT Enterprise)」は、2023年5月10日にサービス終了予定です。

・Windows 10 Enterprise バージョン 1909
・Windows 10 Education バージョン 1909
・Windows 10 IoT Enterprise バージョン 1909

なお、上記のバージョンは本日リリースされた月例アップデートが最後のアップデートとなり、各種詳細は下記リンク先をご覧下さい。

Windows 10 Version 20H2 のサービス終了 – Microsoft
Windows 10 Version 1909 のサービス終了 (Enterprise および Education) – Microsoft
サポートライフサイクル(Windows 10 Home and Pro) – Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。