「Apple Watch Series 8」に体温測定機能が搭載されるかどうかはアルゴリズムの課題をクリア出来るか次第

(画像はSeries 7)

Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは「Apple Watch Series 7」に体温測定機能を搭載する計画だったと報告しています。

Appleは「Apple Watch Series 7」に体温測定機能を搭載する予定だったものの、EVT(技術検証試験)に入る前にアルゴリズムに問題があったため搭載を見送った模様。

正確な体温計測を実現するための課題は、外部環境によって肌の温度が変化しやすいことで、スマートウォッチでは中核体温を測定出来ない為、優れたアルゴリズムが必要となっており、今年発売される「Apple Watch Series 8」に同機能が搭載されるかどうかも、このアルゴリズムの課題をクリア出来るかどうかにかかっているようです。

1 COMMENT

T

まー普通に考えて、体の中心から遠い腕で体温測定するのは筋が悪いもんなぁ。
AirPodsに体温測定機能内蔵させる方が、体温計的には筋はよさそうではある。

返信する

T へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。