UQ WiMAX、WiMAX 2+周波数帯の一部を利用した5Gサービスを9月1日以降に順次開始へ

UQコミュニケーションズが、2022年9月1日以降、「WiMAX 2+」の周波数帯(2.5GHz帯)において、5Gサービスを東名阪の主要都市部の一部地域から順次開始すると発表しました。

周波数帯の有効活用によって一層快適な高速通信サービスを提供するため、周波数の一部を5Gサービスに切り替え、対応するとのこと。

これにより、東名阪の主要都市部の一部地域から、従来の「WiMAX 2+」による4G通信時の最大速度が440Mbpsから220Mbpsに順次変更となり、対象エリアの詳細は「WiMAX 2+速度変更予定エリア」のページから確認可能です。

現在、「WiMAX 2+」対応ルーターを利用中のユーザーは、4G LTEによる安定した通信と今後拡大する5Gサービスを利用可能な「WiMAX +5G」対応ルーターに契約移行手数料無料で移行可能となっています。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。