Apple、開発者向けに「Studio Display Firmware Update 15.5」のベータ版を公開

9To5Macによると、本日、Appleが開発者に対し、「Studio Display」向けの新しいファームウェアである「Apple Studio Display Firmware Update 15.5」のベータ版をリリースしていることが分かりました。

「Apple Studio Display Firmware Update 15.5 beta」では、Webカメラの画質が悪い問題が修正されている他、カメラのチューニング、ノイズリダクション、コントラスト、フレーミングも向上しているとのこと。

なお、本アップデートはあくまでベータ版であることから対象の開発者やテスター向けにのみ配信されており、「macOS Monterey 12.4」のベータ版を搭載したMacからアップデート可能で、macOSの他のアップデートと同じく「システム環境設定>ソフトウェア・アップデート」よりダウンロードおよびアップデート可能となっています。

Apple、「Studio Display」向け「ファームウェアアップデート 15.4」の詳細を公開 − アップデートはソフトウェアアップデート経由で行う仕組み 「Studio Display」のWebカメラの画質が悪いことが明らかに − Appleはソフトウェアアップデートで修正へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。