Bloombergの著名記者が「iPhone 14」シリーズの最新情報のまとめを報告

Bloombergの著名記者であるMark Gurman氏が、YouTubeにおいて、Appleが今秋に発売予定の次期iPhoneこと「iPhone 14」シリーズに関する最新情報を報告しています。

といってもこれまでに出て来ている情報のまとめのような形で、目新しい情報はありませんが、同氏の報告をまとめると下記の通り。

まず、「iPhone 14」シリーズのラインナップは、6.1インチの「iPhone 14」と「iPhone 14 Pro」、6.7インチの「iPhone 14 Max」と「iPhone 14 Pro Max」の4モデル構成で、miniモデルは廃止される。

Proモデルはノッチの代わりにピル型と丸型の2つ穴があるパンチホールディスプレイを採用し、通常モデルにはノッチが引き続き採用されます。

搭載されるチップについては、Proモデルは新しいA16チップを搭載することが予想されるものの、通常モデルではA15チップが引き続き採用される可能性があり、リアカメラは、Proモデルは広角レンズ用に新しい4,800万画素のセンサーを搭載し、撮影性能が向上するものの、通常モデルは引き続き1,200万画素のセンサーが採用される可能性があるとのこと。

最後に、衛星通信を利用して緊急通報を行うことが出来る新機能が搭載されるとも予想しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。