「iPhone 14 Pro」はリアカメラの大型化に伴い本体の角がより丸みを帯びた形状に??

リーク情報をもとに未発表のApple製品のレンダリング画像を作成しているIan Zelbo氏によると、「iPhone 14 Pro」は本体の角の部分がより丸みを帯びたデザインに変更されると予想しています。

「iPhone 14 Pro」シリーズではリアカメラのレンズが更に大きくなることから、リアカメラの盛り上がり部分の面積も大きくなると言われていますが、それに合わせて本体の角の部分もより丸みを帯びた形状に変更されるとのこと。

下記がそのことを示す画像で、左が「iPhone 14 Pro」、右が「iPhone 13 Pro」のCAD画像となっています。

また、リーカーのMajin Bu氏が、CADデータをもとに「iPhone 14 Pro」と「iPhone 13 Pro」のディスプレイの高さの違いが分かる画像を公開しており、「iPhone 14 Pro」は「iPhone 13 Pro」よりも僅かながらディスプレイの高さが大きくなると言われています。

[via MacRumors

1 COMMENT

匿名

ピル+ピンホール部分の縦幅が増す分、画面を縦に伸ばして既存コンテンツに配慮する感じかな。

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。