PayPay、運転免許証のICチップを利用して本人確認が可能に

本日、PayPayが、キャッシュレス決済事業者としては初めて、運転免許証のICチップを利用して本人確認の手続きが可能となったことを案内しています。

まずはAndroid版から先行して提供され、iOS版でも近日中に利用可能になる予定。

現在発行されている運転免許証には、氏名、住所、顔写真などといった個人情報が入力されたICチップが搭載されており、運転免許証の写真撮影を利用した本人確認の手続きと比較し、本人確認書類の偽造や他人によるなりすまし申請、データの改ざんといった不正を防止し、スムーズに本人確認を行うことが可能とのこと。

新たに運転免許証のICチップを利用した本人確認を導入することで、運転免許証を利用した本人確認手続きの際は、「運転免許証のICチップの読み取り」と「セルフィー撮影」で手続きが完了し、従来の運転免許証を利用した本人確認の手続きと比べて、「個人情報の入力や本人確認書類の撮影が不要になる」や「審査時間が短縮される」など、より簡単かつスピーディーに本人確認を完了することが可能となり、利便性が向上します。

なお、本人確認操作の流れなどの詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。