Apple、M2チップ搭載新型Macの広範囲な内部テストを開始 − 多数の新モデルの存在が確認される

Bloombergが、AppleがM2チップを搭載した複数の新型Macの広範囲な内部テストを開始したようだと報じています。

これはサードパーティ製アプリのログから明らかになったもので、M2チップは4種類、新型Macは9種類が確認されており、サードパーティ製アプリを使ってテストされているようで、開発プロセスにおける重要なステップであり、新型Macが今後数ヶ月以内に登場することを示唆しています。

M2チップを搭載した新型「MacBook Air」のコードネーム「J413」で、8コアCPU、10コアGPUの仕様のM2チップを搭載する予定で、新型「Mac mini」のコードネームは「J473」で、このモデルは新型「MacBookAir」と同じ仕様になる見込みで、他にも「M2 Pro」を搭載したコードネーム「J474」のモデルもテストされているそうです。

次に、エントリーモデルの新型「MacBook Pro 13インチ」のコードネームは「J493」で、こちらも新型「MacBook Air」と同じ仕様になります。

さらに、「M2 Pro」と「M2 Max」を搭載した新型「MacBook Pro 14インチ」のコードネームは「M414」、「MacBook Pro 16インチ」のコードネームは「J416」で、「M2 Max」チップは12コアCPUと38コアGPUになり、RAMは64GBになるとのこと。

他にもコードネーム「J180」と呼ばれる新型「Mac Pro」も確認されており、このモデルには「Mac Studio」に搭載されている「M1 Ultra」チップの後継チップが採用される予定で、「M1 Pro」チップを搭載した「Mac mini」(コードネーム:J374)のテストも確認されているようです。

なお、上記モデルのうち、「MacBook Air」「Mac mini」「MacBook Pro 13インチ」は早ければ年内にデビューする予定で、少なくとも2つの新型Macが今年半ばに発売される予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。