Anker、新型USB-Cハブの3製品を発表 − 4月27日より順次発売へ

(Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1))

本日、Ankerが、都内でプレス発表会「Anker Power Conference -’22 Spring」を開催し、USB-Cハブ「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)」と「Anker 551 USB-C ハブ (8-in-1, Tablet Stand)」と「Anker 565 USB-C ハブ (11-in-1)」を発表しました。

Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)

「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)」は、高速データ転送や高画質出力対応の8-in-1 USB-Cハブで、T字型USB-C端子搭載で、ケーブルを本体に収納可能なのが特徴。

4K出力対応のHDMIポートや最大10Gbpsのデータ転送に対応したUSB-Cポートに加え、下記のポートを搭載しています。

・USB-C × 1
・USB-A × 2
・SD カードスロット × 1
・micro SD カードスロット × 1
・HDMI ポート × 1
・イーサネットポート × 1
・オーディオジャック ×1

なお、価格は9,990円(税込)で、2022年4月27日に発売予定です。

Anker 551 USB-C ハブ (8-in-1, Tablet Stand)

「Anker 551 USB-C ハブ (8-in-1, Tablet Stand)」は、iPad Pro等に最適なスタンド型8-in-1 USB-Cハブで、下記のポートを搭載しています。

・USB-C × 1 出力
・USB-C × 1 入力
・SD カードスロット × 1
・micro SD カードスロット × 1
・HDMI ポート × 1
・USB-A ×2
・オーディオジャック ×1

また、パススルー充電対応で、スタンドやハブとして使用しながらiPad Proなどの機器に急速充電が可能な他、タブレットを使用の際には角度調節が可能となっています。

なお、価格は9,990円(税込)で、2022年6月上旬に発売予定です。

Anker 565 USB-C ハブ (11-in-1)

「Anker 565 USB-C ハブ (11-in-1)」は、高速データ転送や高画質出力対応の11-in-1 USB-Cハブで、データ転送やHDMI接続などハブとして使用しながらノートPCに最大85Wでの急速充電が可能です。

搭載されているポートは下記の通り。

・USB-A × 2
・USB-A × 3
・イーサネットポート × 1
・オーディオジャック × 1
・SD カードスロット × 1
・micro SD カードスロット × 1
・Displayポート × 1
・HDMI ポート × 1

なお、価格は10,990円(税込)で、2022年6月上旬に発売予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。