Anker、オーディオグラス「Soundcore Frames Cafe」と「Soundcore Frames Landmark」を発表

本日、Ankerが、都内でプレス発表会「Anker Power Conference -’22 Spring」を開催し、オーディオブランド「Soundcore」において、2種類のオーディオグラス「Soundcore Frames Cafe」および 「Soundcore Frames Landmark」を2022年6月1日に発売することを発表しました。

本製品は、リモートワークなどの働き方の変化に伴い長時間イヤホンを装着することが増える一方、「従来のイヤホンを長時間装着するのは疲れる」「在宅ワーク中に家族の声を聞き逃したくない」という声が聞かれるようになったことから開発されたSoundcore ブランド初のオーディオグラスです。

耳を塞がない独自の OpenSurround オーディオシステムを採用し、耳の周りに搭載した4つのスピーカーとカスタムオーディオプロセッサーにより、臨場感溢れる音楽体験を可能にした新しいタイプのオーディオ機器となっています。

(Soundcore Frames Cafe)

PC メガネタイプの「Soundcore Frames Cafe」には、PCやスマートフォンなどの液晶画面を見ることの多い仕事や動画鑑賞に最適で(イヤホン禁止の仕事場でのこっそり音楽視聴にも)、ブルーライトを 20%カットするレンズを採用しています。

(Soundcore Frames Landmark)

サングラスタイプの 「Soundcore Frames Landmark」は衝撃や傷に強く紫外線 A/B 波を最大99%カットする偏光レンズを採用している他、IPX 4の防水規格にも対応しアウトドアやスポーツに最適なモデルとなっています。

両モデルともに満充電の状態で最大5.5時間の音楽再生が可能で、さらに10分間の充電で約1.5時間の音楽再生が可能な短時間充電にも対応し、Soundcore アプリにも対応している為、高音から低音までお好みに合わせた出力の調整や、プリセットイコライザー設定、着信応答、音量調整、音楽再生・停止、曲送り等のタッチ操作のカスタマイズも可能。

なお、価格は「Soundcore Frames Cafe」 「Soundcore Frames Landmark」ともに19,990円(税込)で、現時点では度入りのレンズへの交換などは未対応となっています。

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。