次期「Mac mini」の機種IDが「Studio Display」のファームウェアから見つかる

(次期Mac miniの予想画像)

Appleは年内にM2チップを搭載した新型「Mac mini」を投入すると噂されていますが、その新型「Mac mini」とみられるデバイスの機種IDが「Studio Display」のファームウェアから見つかったことが分かりました。

これは開発者のSteve Troughton-Smith氏が見つけたもので、「Studio Display」の最新のファームウェアのコード内に、未発表の「Mac mini」である「Macmini10,1」の機種IDが見つかった模様。

現行の「Mac mini (M1, 2020)」の機種IDは「Macmini9,1」の為、「Macmini10,1」は次期モデルであることが予想出来ます。

なお、新型「Mac mini」はM2チップ搭載以外に、デザインも刷新されると言われており、年内に発売される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。