イーロン・マスク氏、Twitterの取締役を辞退

先日、テスラのイーロン・マスクCEOがTwitterの株式の9.2%を買収し、同社の取締役に就任したとの報道がありましたが、その後、同氏が取締役への就任を辞退したことが分かりました。

これはTwitterのパラグ・アグラワルCEOが明らかにしたもので、当初はイーロン・マスク氏の取締役就任を現地時間の4月9日に正式に発効する予定だったものの、マスク氏側より辞退するとの連絡があったそうです。

辞退した理由などは明らかにされていないものの、アグラワルCEOは、「取締役であろうとなかろうと、当社は株主の意見を尊重してきたし、これからもそうするつもりだ。マスク氏は当社の筆頭株主であり、その意見は引き続き取り入れていく。」と述べています。

イーロン・マスク氏がTwitterの取締役に イーロン・マスク氏がTwitterの株式の9.2%を取得 − 筆頭株主に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。