「iOS 16」は大規模なデザインの刷新はないものの、通知機能の大幅な改善や健康関連の新機能が特徴に??

Appleは現地時間6月6日より「WWDC22」を開催しますが、BloombergのMark Gurman氏がニュースレター「Power On」の最新版において、その「WWDC22」で発表される「iOS 16」に関する情報を報告しています。

「iOS 16」のコードネームは「Sydney (シドニー)」と呼ばれており、大規模なデザインの刷新は行われないものの、通知機能の強化や新しいヘルストラッキング機能が搭載されることが予想されています。

また、「iPadOS 16」ではマルチタスクのインターフェイスに改良が加えられる可能性があり、「watchOS 9」ではアクティビティとヘルストラッキングの大幅なアップグレードが特徴になるかもしれないと述べています。

なお、予てから開発が噂されているMR(複合現実)ヘッドセットに関しては、「WWDC22」ではまだ何も発表されないものの、「iOS 16」のベータ版にはヘッドセットとiPhoneとの連携に関するコードが多数搭載されていると聞いているようで、「iOS 17」までにMRヘッドセットが発表されることが予想出来ます。

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。