「iPhone 14」シリーズの開発はEVT(技術検証試験)の段階に入った模様

9To5Macによると、Haitong International SecuritiesのアナリストであるJeff Pu氏が、サプライチェーンを調査した結果、「iPhone 14」の開発は現在はEVT(技術検証試験)の段階だと報告していることが分かりました。

「iPhone 14」シリーズは例年通りであれば今年9月に発表されるものと予想されますが、「iPhone 14」の開発はEVT段階に入り、中国深センのロックダウンの影響は受けていないとのこと。

これが本当であれば、今後、DVT(設計確認試験)とPVT(生産検証試験)の段階を経て、量産が開始されるものと予想されます。

また、「iPhone 14」シリーズの価格は「iPhone 13」シリーズに近い価格になるとも予想しています。

さらに、来年に発売される「iPhone 15」シリーズの”Pro”モデルでは、光学5倍ズームを可能にする潜望鏡レンズ(ペリスコープレンズ)が搭載されるとも予測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。