NOMAD製の高級感のあるMagSafe対応ワイヤレス充電器「NOMAD Base One」が登場

本日、アシカンが、先日に米国で発売されたNOMAD製のMagSafe対応ワイヤレス充電器「NOMAD Base One」の販売を開始しました。

「NOMAD Base One」はAppleのMFi認証を取得し、MagSafeに対応したワイヤレス充電器で、iPhone 13/12シリーズであれば最大15Wのワイヤレス充電が可能です。
(Qi互換のデバイスの充電も最大7.5Wで充電可能)

本体にはアルミニウムの表面を陽極酸化処理したアルマイトと亜鉛合金を、表面にはプレミアムガラスパネルを採用した高級感のあるデザインも特徴となっており、デスク上での使い勝手の良い充電を実現するために重量を515gに、さらに底面にはラバーフットを搭載することで、充電が完了した iPhone を片手で取り外せることが可能となっただけでなく、取り外しの際にiPhoneが充電器から落下してしまうこともない設計となっています。

また、本体給電のために、NOMAD社特製の編み込みにより強化されたUSB-Cケーブルが付属しているものの、利用するには別途30W以上のUSB-C電源アダプタが必要です。

なお、カラーはカーバイドとシルバーの2色展開で、価格は18,700円(税込)となっており、Tokyo Macやセレクトショップなどで購入可能です。

NOMAD Base One – Tokyo Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。