Amazon、壁掛け可能なスマートディスプレイ「Echo Show 15」の予約受付を開始 − 4月7日に出荷開始予定

本日、Amazonが、「Echo」シリーズの新モデルである「Echo Show 15」を発表しました。

「Echo Show 15」は15.6インチフルHD(1,080p)のディスプレイを搭載したスマートディスプレイで、フラットなデザインが特徴で、横向き・縦向きのどちらでも利用でき、壁に掛けることが可能となっています。

ウィジェット機能を使えば、ホーム画面をカスタマイズすることができます。カレンダーやリマインダー、付せん、やることリスト、買い物リストなどを選んで、ホーム画面に表示でき、ウィジェットで表示される内容は常に更新されるため、いつでも最新情報を見ることができる他、好みに合わせて、各ウィジェットの配置を簡単に変えることも可能です。

また、ビジュアルID機能を利用することでAlexaがデバイスに搭載されたカメラの前にいるのが誰なのかを認識し、個々人に合わせた情報をデバイス画面に表示してくれるようになり、家族一人ずつのプロフィールを予め作成して、ビジュアルIDを登録しておけば、各自が自分用のカレンダー、自分宛に送られたメモ、最近再生した音楽などを自動表示させることができます。

ビジュアルID機能は「Echo Show 15」だけでなく、「Echo Show 10」と「Echo Show 8」でも近日中に利用可能になる予定です。

付属の壁掛け金具、もしくは別売りの「Echo Show 15専用壁美人壁掛け金具(3,480円)」で壁に取り付けることができる他、据え置きで利用することも可能なスタンド(別売3,980円)も販売されます。

なお、価格は29,980円で、4月7日より出荷開始予定です。

Echo Show 15 – Amazon

1 COMMENT

匿名

プライムビデオ垂れ流しで普段はフォトスタンド、部屋を暗くすると勝手に消灯、これが3万程度のはした金で買えるなら個人的には必要十分だな
すぐセールで叩き売りになりそうだけどね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。